何を行うのか

不妊治療のプロセス

多くの病院では、一般的に不妊治療はどういうプロセスで、行われていくものなのでしょうか?まず、検査を複数受けて不妊の原因を明らかにします。原因が明らかになったところで、本格的な治療の開始。タイミング式から始まって、順をおって高度な先端治療に移行していきます。この治療プロセスですが、年齢や不妊状況に応じても治療方法は変わっていきます。人工授精という表現が一般的だと思われる中で、更にレベルアップしたものに体外受精、その更に上を行く高度な不妊治療の手段として、顕微授精といった手段を検討できます。
新たな治療を検討しようと思ったなら、夫婦で話し合うのはもちろん、実際に技術を提供してくれる医師や、身を案じてくれる親族にも話をしておくのが重要です。もちろん、不妊治療を成功させるためには、あらかじめ夫婦で家族計画のようなものを話し合っておくことも必要です。妊娠するまですべての不妊治療を受ける必要は必ずしもなくて、どの段階で治療をやめるか、というのも夫婦できちんと決めてください。夫婦の希望、選択を大事にしてくれる病院を選ぶことをお勧めします。

補強する治療方法

また、病院で受けられる不妊治療を更に補強するものとして、サプリメントによって子供ができやすい身体状態に導いていく栄養療法を取り入れて、体調を整えることから始められる選択肢もあります。合わせて、体調を整えるという観点では、漢方薬を使った治療方法を検討する余地も生まれてきます。子供を授かるために病院で健康的な身体状態へ導いてもらうのは合理的で、不妊治療の手段として取り入れる意味があるといえます。一般的な不妊治療とも併用して行えるため、栄養療法や漢方療法を取り扱っているかどうかという点も、不妊治療を扱う病院を選ぶ時の選択肢の1つとして考えてみるのもいいでしょう。
不妊の原因は、女性の場合も男性の場合もありますが、男性が原因だった場合、その葛藤は夫婦にとって、より大きいものなのかもしれません。男性の不妊治療に特に力をいれている病院もありますので、病院選びの参考にしてみてください。